teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


1-22-付近の神座群

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月17日(土)20時05分9秒
返信・引用 編集済
  結構、普通で並みでない人が現れる、池原の兄はまた太り出した、野球神子弟は25歳1月から家にいる。兄の長女の旦那はカンプーをしている、妻は大きい神子のようです。知念真光が大声出して弱いものいじめで満足している、精神科に入院させる。症状が来ている、パンツだけはいて屋良を徘徊してくる。宮平の次は知念真光が苦境し餓死状態になるばんのようです、となりだからありえる。知念剛のおじさんも精神病院で死んで葬式も出せません
宮平さんも神座群の異様で家が消滅した、餓死状態でも半年は息があるんだ、生命力を感じる、川に落ちた津波古家もある。昭和55年屋良の大山のオジーが殺害された事件があった、宮城功さんも兄弟を殺害したと言う、
異様な行動は目立ち、長く続く、神座群とは天体から降臨する動物魂である。屋良は強いし、頭にかぶる動物魂が多いのが特性であろう。眼窩と眼窩の中心部の異様に築く事、めまい、大声、幻覚、なまけ、引きこもりなどである。自分にも毎晩、パンツを脱がす他神がいる、もう2ヵ月なるが改善されない、徳洲会HPせ心臓冠動脈手術を受けた日、玄関前道が工事で開通した日でした、神座群でしょうか!
 
 

名古屋の怨念

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月10日(金)07時02分44秒
返信・引用
  名古屋に行ったのは従弟にもいました、母方の徳里政浩、屋良朝健、兄弟の山内安子です。僕と同用
の因果世界です。岐阜の照屋桂子をつれてくるようの合図でした。これからが運勢は悪いようです
 

那覇から名古屋まで

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月10日(金)06時54分24秒
返信・引用
  1976年4月16日頃、愛知県に進学のために飛行機が一緒だった同級生が2人いました。赤嶺勇と宮里辰信です、名古屋空港で別れていらい音信不通でした。38年ぶりにフェースブックで2人と友達になりました。何の因果関係でしょうか!名古屋市緑区鳴海町大字有松裏103、103号室に移りました。誕生日の数字0103が住所部屋でした。苦難の末、卒業はしたけど先輩が悪者の伝播でした。  

幽霊には足がない理由の教え

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月 1日(水)12時04分51秒
返信・引用
  自分も見たことがあります、夢ではなく、瞼に浮かぶ現象が脳裏に現れる現象です。下半身がありませんでした、チジ親らしきことを崎上さんから教わりました。1代頭部、2代手、三代足、三代神信仰は古代信仰の基本あたります。三代目は孫にあたります、男は男の子の孫を見てはならないようです。現在でも大病になったり、死んでしまった方々も多いようです。医学が進歩して治癒していますが、この現象は解かっておきましょう。

 

にーせ・ばーち現象

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 1月30日(月)19時21分11秒
返信・引用 編集済
  この面白言語は沖縄方言ですが、青年とおばさんのカップルのことである。年寄りから望まれている現象を崎上さんから聞いたのは35歳頃だった。長く外れないとのことでした。58歳になりて現れてきた 知花歯科の独身オバーだった。この人に人生を破滅させらた原因だと分かった。われは被害者、彼女は加害者だが罰則は存在しない。  

道の神座群

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 1月30日(月)19時12分49秒
返信・引用
  同年齢同志の婚姻が人類の常識となっている、死後の世界観は四つ足動物の他界観と同じのようである。次元が違う話であろうが道上の神座群になっていくようだ  

男神と女神の役割

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 1月30日(月)15時25分48秒
返信・引用 編集済
  骨神59本は男神、肉神11年周期は女神に司さられていると思います。周期性は男性にはなく、女性特有の生理現象です.冠婚葬祭は死者儀礼と婚姻の通過儀礼に同一化されている事態のようである。男性59歳頃と女性21歳頃のペアーが最上のカップルになるであろう。ドコモTVでBBC放送で放送していました、年頃になると女性は近親相姦をさけるため多種属の長老に捧げている。同年齢同志は人口増加になり食べて生活できない。人類壊滅危機の状態で幾万年も種を絶やしていないのが人間のようです。  

肉神供養

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 1月30日(月)15時23分17秒
返信・引用
  現在の肉神供養は1年忌、3年忌、7年忌、13年忌、25年忌、33年忌になりますが、はだか世の法事は1年忌、11年忌、21年忌の温存されています。どのような法則が適用されて1数字が3回続くのかはあいまいでした。が認知できました、太陽の強弱の周期が11年周期になるようです。古代の太陽信仰は現在でも大きな遺産をのこしています  

骨神供養

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 1月30日(月)15時11分31秒
返信・引用
  人間の骨数は現在は49本、尾があったはだか世は59本になります。はだか世の骨神供養は59日法要になります、9日、10日、20日、30日、40日、50日目の10日単位の法事になります。日本の神社の法要も59日法事になります。現在の中国仏教由来のナンカスウコーの前身になります。熊本で2015年に他界したいとこも59日法要だったので日本では営まれています  

はだか世の古代民間信仰

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月13日(土)10時31分23秒
返信・引用
  琉球古代信仰の(御先うさち)は線香を活用しない信仰法が特徴になります。中国仏教以前の信仰形態の残痕になります。古代信仰は現在の信仰に吸収された部分も多々ありますが、はだか世の信仰です。4足立の動物から二足立の人間から発祥信仰が源流にあります。水の恩恵、死者儀礼などが主におもわれます。  

レンタル掲示板
/3